MotorHack[モーターハック]

走る楽しさを加速化せるモーターウェブマガジン

車のマフラーを交換する場合のメリット・デメリット

車好きの人はマフラーなどを交換する人も多いかと思いますが、マフラーを交換するメリットって実際どうなの…?と思う方もいるかと思います。実際のところ、マフラーって交換するとどんな変化が起こるのかを見ていきましょう。



マフラーの役割とは?

車のマフラー

マフラーとは「消音器」の事を言います。車の排気管の消音効果をもたらす装置でサイレンサーの役割をしている部分となります。一般的なマフラーでは、グラスウールが中に入っていたり、仕切り板が数枚並んでいて消音させているタイプが多いですね。ちなみにマフラーはエンジン型式や排気量によってサイズや形状が変わります。それはエンジンから排気ガスを外に出す為の最終的に通る経路となり、音を消す役割なので形状が変わるという事ですね。純正のマフラーはスチール製のものが多いので、劣化すると穴があき、ガスが漏れる事もあります。

マフラー交換のメリット

なぜ、まだ使える純正マフラーを外して社外マフラーに交換する人がいるのでしょうか。好みの音に変えたいのか、パワーをあげたいのか…それぞれ交換するにあたって何か変化を求めているのは間違いないですが基本的にマフラー交換のメリットは排気効率を上げる為です。しかし本来のメリットを望んでいる訳ではない人も多いですね。ではどのようなメリットが他にあるのでしょうか。

マフラーの素材を選べる

純正マフラーはスチール製がほとんどですが、マフラーを交換すればステンレス、インコネル、チタンなど素材を変える事もできます。少々値段は高いですがサビに強くなったり、音の演出も全く変わります。

パワーを上げる事ができる

キャタライザーの後ろのマフラーを交換するだけで排気量は上げります。ただ、車にあったものに交換しないと音だけ大きくなって逆効果になる可能性もあるので注意が必要ですね。排気効率を上げたい人という人もやはり多いですね。

かっこいいマフラーに交換できる

実際にカッコいい車に乗っていても、純正マフラーが付いていると逆に不自然に思ってしまう場合があります。マフラーは見た目にもかなり影響する部分になります。何より車は、後ろから見られる事も多いですしね。真円形状やデュアルタイプなどテールエンドに変化をつける事ができます。交換するマフラーにセンスも関係してきますので、車に合ったカッコいいマフラーに交換しましょう!

好みの音にできる

マフラーを変えれば、音も変わります。メーカー、タイプ、素材が違うだけで音が全然変わってきます。音が良く分からない…この音ってどのタイプ何だろう…と分からない事があったらメーカーのwebサイトやYoutubeなどで音を確認できますので確認してみましょう!

マフラー交換のデメリット

交換したことによって排気音が大きくなる事が多いので、音には注意です。近所迷惑になるケースもありますので考えて交換しましょう。

自分で交換する場合は、排気が抜けすぎてしまうことになったり、テールエンドの形状が合わなくカッコ悪くなる事も…

よく分からない人はプロに相談するか、車にかなり詳しい友人がいたら相談してみる事をオススメします。

Return Top