MotorHack[モーターハック]

走る楽しさを加速化せるモーターウェブマガジン

エンジンオイルってどのくらいで交換するものなの?

車にとって、エンジンオイルとは人間で言えば血液と同じぐらい大事な役割を持つと言われています。

今回はエンジンオイルがどんな役割をしているのか、そして実際にどのくらいの頻度で交換した方がいいのかおさらいしましょう。



エンジンオイルの役割とは

エンジン

エンジンオイルはオイルパンという場所に入っており、それがエンジンに送られます。主に「潤滑、密封、冷却、洗浄」など様々な役割をしており、このエンジンオイルが古くなると車でさまざまな不具合が出てしまう為、車で大事な血液となります。

なぜエンジンオイルは悪くなるのか、それはエンジン内部で燃料を燃やしている時に異物や水分が混入してしまう事によって、起こる酸化によりオイルは悪くなります。

オイル交換の適切な交換時期

メーカーや車種によって、交換する時期が異なるので取り扱い説明書に記載されているのを参考にするのが一番ですが簡単に言われている平均の交換時期をみて見ましょう。

軽自動車

  • ターボ車:5,000km走行or6ヶ月経過した場合
  • 普通車:10,000km走行or6ヶ月経過した場合

ガソリン車

  • ターボ車:5,000km走行or6ヶ月経過した場合
  • 普通車:15,000km走行or1年経過した場合

ディーゼル車

5,000km〜10,000km

あれ…いつから交換していなかった?と思ったら

こんなことがあったら、まずは近くの車屋さんで見てもらうのが一番です。オイルの点検だけだったら無料でやってもらえると思います。

ついついオイル交換の事を忘れてしまったりすることもあると思うので、オイル交換をしたら「オイル交換シール」を目に付くところに貼っておきましょう。交換時期を把握できるので変な心配をしなくて済みますよ。

交換時期を守っていれば絶対に安全なの?

実はオイルが悪くなりやすい環境で走行している方は少し注意が必要です。

同じ5,000km走行でも、使い方によってエンジンやオイルの負担が全然変わってきます。特に砂やホコリなどが多い環境を走る事が多い車はエンジンオイルに混入しやすく、劣化を早める場合があります。あとは高速道路の走行が多い方もエンジンがフルで回転しつづけるので悪くなりやすいですし、短距離の移動を繰り返し行う場合でもエンジンがなかなか温まらずに悪くなりやすいなどが挙げられます。このような環境で車を運転される方は交換時期を少しだけ早めておく事をオススメします。

たまにしか乗らない車でも交換は必須!

基本的に目安としては走行距離と交換の時期です。エンジンオイルは使ったから悪くなるという訳ではなく、月日が経つと劣化していきます。なので走行していなくても、交換時期を過ぎたら交換しないといけないと覚えておきましょう。

エンジンオイルは悪くなった状態で走り続けると、エンジンが壊れてしまったり大ごとに繋がりかねません。必ず定期的に交換しましょう。最近の国産車のエンジンオイルの交換時期は15,000kmなどと記載がある車が増えてきていますね。おそらくエンジンオイルの性能やエンジンの自体の性能も上がってきているからだと言えます。実はアメリカなどでは同じ車種でもエンジンオイルの交換時期が日本と比べ3倍以上長く設定されていたりします。3000km〜5000kmで交換しているのはアメリカの方からすれば、もったいない…と思われるのでしょうね。しかしこのようなことに細かいのが日本ですし、早く交換する事でデメリットなどはありませんからね。オイルも高いものではないですから、大事な車を守ると考えたら安いものだと思います。

Return Top