MotorHack[モーターハック]|走る楽しさを加速させる

MotorHackは車やバイクに乗りたくなってしまう情報を集めたモーターウェブマガジンです。

車のウォーターポンプの役割とは?交換時期や寿命ってあるの?

車のウォーターポンプについて、わからない…なんて人も多いのではないでしょうか。しかし車のウォーターポンプは大事な役割をしており、定期的に点検しないとトラブルの原因に繋がる可能性があるのです。

ウォーターポンプの意味や役割

エンジン

ウォーターポンプとは「エンジンを適温に保つための冷却水を循環させる為のポンプ」です。

自動車のエンジンが動いている間、エンジンの燃料は燃え続けるのでエンジンが高温になります。そのまま温度が上がり続けてしまうと、アルミや鉄で作られているエンジンは溶けてしまったり、様々な問題は発生しかねません。その高温になってしまうのを適温に保つのがウォーターポンプです。

シンプルなタイプで走行による風を利用した「空却エンジン」があります。しかし冷却効果が限定であり、より高出力かつ安定したエンジン性能を求め、現在の「水冷エンジン」に行き着いたのでしょうか。「水冷エンジン」は多層構造として表面積を確保した「ラジエター」により熱を持った冷却水を冷ます構造になっています。その為にあるのがウォーターポンプ、一定の温度になると「水車のハネ」をエンジンの力によって強制的に水を循環させるものです。

ウォーターポンプが故障した状態で使い続けるとどうなるの?

オーバーヒートという状態になってしまう可能性があります。誰もが聞いた事あると思いますし、大体の予想は付くと思いますが…簡単にいうとエンジンが壊れてしまう可能性があるという事です。具体的にいうと、スピードメーターなどが並ぶインストゥルメント・パネルにある水温計に「H」がという警告灯がつきます。次にエンジンルームから白い蒸気がモクモク立ち上がったり、焦げ臭い匂いがします。もし警告灯がついたら、すぐに車屋さんに行きましょう。

ウォーターポンプの異音とは?

ウォーターポンプの故障に気づくタイミングとしては異音です。「キーン」などの高い音が頻繁に確認できるのなら点検した方が良いでしょう。

どんな音かわからない人の為に、参考動画をご紹介させて頂きます。

ウォーターポンプの交換時期と寿命って?

ウォーターポンプにも寿命があり、交換となる目安もあります。一般的に10万kmでの交換が目安となっています。

実は近くにあるエンジンの吸気と排気をコントロールする「タイミングベルト」の寿命なのです。よくタイミングベルトとウォーターポンプを同時に交換する事が多いと言われていますが、おそらくそれはウォーターポンプを交換する際にタイミングベルトも外さないといけないから、そしてタイミングベルトは取り外しや取り付けが細心の注意が必要になる部分なのです。なのでウォーターポンプはタイミングベルトを交換する時に同時に行うのでしょう。

ウォーターポンプの交換をディーラーや整備工場に依頼した場合の平均相場は1万〜2万ぐらいとなっております。大体の方がタイミングベルトと同時に交換する方が多いのでその場合、費用は上がります。

ウォーターポンプはエンジンを冷やす大事な部分となります。異音や異変に気がついて、ほったらかしておくとエンジンが壊れてしまったり大惨事に繋がりかねません。異変を感じたら、すぐに点検してもらって大事な愛車を守りましょう!

Return Top