今更聞けない駆動方式の違いまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今さら聞けない駆動方式の違いまとめ
車には5つの駆動方式があり、エンジンと、それをタイヤに伝導する構造により種類を分けることができます。

それぞれのメリットデメリットを見ていきましょう。

FFとは?

シビック

FFとは「フロントエンジン・フロントドライブ」の略であり、車体前方にあるエンジンが、そのまま前輪に動力を伝達する仕組みになります。現在主流の駆動方式ですね。FWD(フロント・ホイール・ドライブ)とも記載されていることもあります。エンジン、トランスミッションをはじめとした主要構造物がボンネット内に配置されているのもこのFFの特徴です。

FFのメリット

FRや4WDと違いプロペラシャフトがないため車内スペースを広く設計できます。そのためコンパクトカー、軽自動車などスペース的に限界がある車の多くはこのFF方式を採用しています。また、重量物が前輪付近にあるため、フロントタイヤにトラクションが掛かりやすく、スピンしにくく、直進安定性に優れるといった特徴があります。

FFのデメリット

通常、加速時に荷重は後輪にかかるため、前輪で駆動しているこのタイプはあまりスポーツ走行に向きません。また、車体前後のバランスという意味でも悪いのがデメリットと言えるでしょう。とはいえ、現在ではコストも安く、初心者でも扱いやすいため、多くの車がこの駆動方式を採用しています。

FRとは?

トヨタ86

FRは「フロントエンジン・リアドライブ」の略です。FFと違い、エンジンは前方ですが、プロペラシャフトにより後輪に動力が伝わる駆動方式です。スポーツタイプの車や、高級車などは多くの場合このFRを採用しています。

FRのメリット

フロントタイヤは舵取り、リアタイヤは駆動と役割が分担されているため、タイヤへの負担も少なく、より高出力のエンジンを搭載することができます。前輪はステアリング機構のみとなるため、ハンドリングもよくキビキビと軽快に走れ、スポーツ走行では好まれる駆動方式です。また、ドリフトがしやすいのも特徴です。

FRのデメリット

先程書いたように、車体の中心をプロペラシャフトが貫通しているため、車内も居住性が悪くなりがちです。さらに、FFに比べて部品点数も多く、コストがかかるため車両価格も高くなります。

4WDとは?

ランドクルーザー

4WDは「4 Wheel Drive」の頭文字から取った略で、四輪駆動車、いわゆる四駆と呼ばれる駆動方式です。AWD(All Wheel Drive)とも。すべてのタイヤが駆動しているという意味では一緒ですね。4WDは様々な制御の仕組みを持っていますが、大きく分けて「パートタイム4WD」と「フルタイム4WD」とがあります。

通常は2WD(二輪駆動)で走行し、任意のタイミングや滑りそうな場合のみ4WDに切り替える仕組みを「パートタイム4WD」、常にフロントとリアを直結して四輪駆動しているのが「フルタイム4WD」と呼ばれます。

4WDのメリット

なんといっても悪路に強いことが上げられます。前輪または後輪が空転するような状況であっても、走破することが可能です。高出力のエンジンを積んでも4つのタイヤにより効率的にパワーが出るため安定しているのも特徴です。

4WDのデメリット

FF、FR車に比べてどうしても車体重量が上がってしまいます。そのため、燃費性能も悪く、部品点数も多いため車体価格はさらに上がりがちです。

MRとは?

S660

「ミッドシップエンジン・リアドライブ」の略称。2シーターに採用され、通常の後部座席付近にエンジンがあるようなイメージです。スポーティなイメージが強く、F1もレイアウト上このMRと同じ位置にエンジンがあります。

MRのメリット

FRと同じように、フロントは舵取り、リアは駆動と分担され高効率。エンジンという重い物体を車体の中心付近に配置しているため、バランスが良くカーブなど回転性能が高い車両が多いです。また、加速時にFRよりも後輪の駆動系にトラクションが掛かりやすいのも特徴です。

MRのデメリット

2シーターに採用されるだけあり、車内も狭く、レイアウト上トランクスペースもあまり確保できません。また、エンジンがすぐ後方にあるため、エンジン音が車内に聞こえやすいのも人によってはデメリットと言えるでしょう。

RRとは?

ポルシェ911

「リアエンジン・リアドライブ」の略です。MRと構造が似ていますが、さらにエンジンは後方、駆動も後輪になります。エンジンを後方に積むことで床面積が広くなるため、民間バスなどで採用されている方式です。一般車においては、昔はこの駆動方式を採用していた車もあったものの、現在は代表的なものはポルシェ等、一部の車にしか採用されていません。

RRのメリット

重心も後方にあるため、駆動輪である後輪にトラクションが掛かりやすく加速力に優れます。構造上出力の高いエンジンが積めるのでハイパワーな車両がほとんど。MRと同じように操作性、回転性能が秀でています。

RRのデメリット

これも後方に重心があるのが原因ですが、下手に操作するとバランスが崩れやすく、スピンしやすいのも特徴です。回頭性が高い分、オーバーステアになりがちで操作が難しく、上級者向けの駆動方式と言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

最新記事

  1. BMWモトラッドから、ネオレトロを代表するヘリテイジモデル「R nineT」に、新たに「レーサー」「…
  2. velar_front
    イギリスのランドローバー社は3月2日イギリスロンドンにて、レンジローバーシリーズの新たなSUV「レン…
  3. nissan-bladeglider-concept
    日産自動車は2016年8月4日、EV(電気自動車)のコンセプトカー「ブレードグライダー」のプロトタイ…
  4. car_glass
    特に冬は窓の曇りが発生しやすく、ドライバーにとって視界が悪くなる「窓の曇り」は天敵となります。また、…
  5. 208
    4月から新生活を始めるにあたってマイカーの購入を検討されている方も多いのではないでしょうか?ただ、予…

ピックアップ記事

  1. アルファロメオ新エンブレム

    2017-2-13

    アルファロメオ 全車種をマイナーチェンジしエンブレムも変更

    アルファロメオを展開するFCAジャパンは2月8日、アルファロメオブランドで発売中の「4C/4Cスパイ…
  2. ヴェルシスX250ツアラーモデル

    2017-2-6

    カワサキの新型ツアラーVersys-X250の価格発表!

    カワサキのアドベンチャーツアラーの人気シリーズであるVersys(ヴェルシス)に250ccモデルが仲…
  3. 現行ハイエース

    2017-2-2

    トヨタ 新型ハイエース 15年ぶりのフルモデルチェンジ!? 2019年発売予定!

    トヨタはハイエースを2019年にフルモデルチェンジを行うと発表しました。フルモデルチェンジにより、H…
  4. concept愛i

    2017-1-31

    TOYOTA 未来のモビリティを具体化したコンセプトカー「TOYOTA Concept-愛i」を初公開

    トヨタは2017年1月5日から8日に行われたコンシューマー・エレクトロニクス・ショーで人工知能を搭載…
  5. 2017-swift

    2016-12-20

    スズキ・スイフト フルモデルチェンジ間近!2017年春には発表か

    スイフトってどんな車? 使い勝手の良いBセグメントのハッチバックとして海外でも人気の高いス…
ページ上部へ戻る