MotorHack[モーターハック]

走る楽しさを加速化せるモーターウェブマガジン

車のムダ機能?ヘッドランプウォッシャーとは

ここ最近の車にはフロントガラス用だけでなくヘッドランプ用にウォッシャー液が出てくる機構になっているのをご存知ですか?ヘッドランプの下のバンパーなどに穴が空いていたり、機構が飛び出せるように牽引フックの穴のように見えるものが実はヘッドランプウォッシャーの機構となっています。ご存知ない方も多いかと思いますが装備されている理由と必要性についてご紹介しましょう。



ヘッドランプウォッシャーってなんのためについてるの?

ヘッドライト

実はこの機能、現在多数の車種で採用されているHIDヘッドランプやLEDヘッドランプに深く関係してきています。これは従来のハロゲンヘッドランプに比べてHIDやLEDは車外へ向かう発熱量が低く、ヘッドランプに付着した雪などを溶かすことができないという理論のため欧州の一部にてヘッドランプウォッシャーまたはヘッドランプワイパーの装着義務化を定めている国があるということなんです。

実を言うとこの日本ではヘッドランプウォッシャーについての法規は全く存在せず、必要と感じられるのはやはり欧州の中でも積雪や道路の汚れがひどい環境の場所においては欧州ならではの長距離走行に当たって必要となるかもしれません。ただ日本では道路環境のレベルは非常に高く、積雪地帯でも何時間にも渡って高速走行し続けることは稀なのでその間に停車したりすることでヘッドランプの雪は落ちていくことがおおいんですよね。

このヘッドランプウォッシャーですが、見たこともないという方も多いはず。それは先ほどの欧州での義務付けに関係してきます。輸入車及びヨーロッパ圏に輸出している国産車などでは装備されていることがありますが国内専売車種ではHIDヘッドランプやLEDヘッドランプはどんどん装備されていますがそのヘッドランプに対してもヘッドランプウォッシャーは装備されないケースも多数存在します。なので装着されているから高機能というわけではなくもともと日本では法規的な面と需要自体が少ないため装備されている車種が限られているというのが現状です。

使い方と機能と注意点

装着されている車両にお乗りの方であればご存知だとは思いますが、ヘッドランプウォッシャーは専用スイッチまたはヘッドランプ点灯時にウォッシャー壁を作動させることでフロントガラス用と連動して作動します。筆者個人的とも言える注意点ですがこのヘッドランプウォッシャー、車種にもよりますがかなり散布の範囲が広いです。なのでボンネットまでウォッシャー液でドロドロなんてことも、雨の日以外のウォッシャーの作動はヘッドランプをオフにすることを忘れると車種によっては本当に無残なぐらいボンネット上にウォッシャー駅の跡が残ってしまいます。

オフにすることはできないの?

この機能ですが、ヘッドランプ点灯時にフロントガラス用ウォッシャー作動にて連動する車がかなり多い状態で基本的にはオフにすることはできません。カスタム?としてハーネスを自作して機能をカットするなんて事をしている方もいるようですが、基本的にはオフにできない機能となっています。

 

欧州の中でも豪雪地帯や日本の豪雪地帯であればこの機能は必須という意見ももちろんあると思われますが、それ以外の地域であれば一年を通してこの機能を使用することはほとんど無いかと思われます。メーカーにはフロントガラスと連動する機能をカットするボタンが欲しいなんて感じる方も多いのでは無いでしょうか?

Return Top