MotorHack[モーターハック]

走る楽しさを加速化せるモーターウェブマガジン

ETC2.0って結局何なの?

2016年からサービス開始している「ETC2.0」。しかし、まだ自分の車には搭載していない、という方も多いのではないでしょうか。そこで、ざっくりどんな事ができるようになるのかまとめてみようと思います。



ETC2.0概要

etc

「ETC2.0」は、従来のETCが執り行っていた高速道路での利用料金の収受だけにとどまらず、渋滞回避や安全運転のための支援といった、ドライバーのための情報提供までしてくれるサービスです。また、災害時など緊急事態でもそのサービスは受けることができるため、今後さらに拡大が期待されているサービスでもあります。

安全運転支援

ルートの先にある落下物や落石などの障害物や、急カーブやブラインドカーブなどカーブ先で見えづらい道の渋滞情報だけでなく、積雪や霧などの危険情報をあらかじめ知らせてくれます。移動先で起こった地震や津波などの自然災害にまつわる情報も察知し、突然のトラブルを回避することができるため、安全に運転できるというわけです。

圧倒的な情報量

カーナビゲーションの5倍ともいわれる広範囲の道路状況を把握することができます。全国に設置されているITSスポットと呼ばれる通信装置を使い、最大で1000km区画の道路状況をナビ上で表示することが可能になります。長距離ドライバーや旅行など、慣れない道であっても事故情報、天候などをあらかじめ調べた上で経路を指示してくれるため、安心ですね。このITSスポットと対応車載器との間の通信はもちろん無料。高速・大容量通信が可能になりました。すでに全国1600箇所に設置済みであり、今後も拡大していく予定となっています。

従来の料金より安くなる

国はETC2.0を搭載している車両を対象とし、料金の割引を実施することが決定しており、現在は首都圏のみになっているものの、今後さらに割引対象が拡大される予定となっています。現在は採用されていないものの、先程のカーナビとの連携を駆使し、渋滞を避けるためETC2.0でのガイドに従い一時的に高速道路を降りた場合であっても、割引が適用されるように改善される予定となっており、今後のさらなるサービス拡大が期待できます。

その他高速道路上での利便性

今後民間サービスとして予定されているのが、車に乗りながらガソリンや、ドライブスルーでの決済もこのETC2.0で行われるような動きもあり、搭載されている車両もどんどん増えていくことと思われます。また、現在はETCレーン上を通過する際減速が必要ですが、通常の高速道路の走行スピードでも決済が可能になるという噂も。また、フェリー等の乗り降りもこのETC2.0での決済が可能になる予定です。

Return Top