MotorHack[モーターハック]

走る楽しさを加速化せるモーターウェブマガジン

あなたはどれを買う?同じ車でグレード価格差のとんでもない車たち

これを読まれている方が車の購入を検討をされている場合、悩む要素の一つとしてはグレード選択ではないでしょうか?欲しい車種はこれ!と決まった後も予算と機能、グレードによっての違いで納車されてから後悔しないために多くの人が悩むことが多いと言えるグレード選択ですが、これからご紹介する車は同じ車の中でもパワートレーンや搭載されている機能の違いでとんでもない価格差ができてしまっています。下位グレードと上位グレードの価格差2倍以上!なんて車が結構ありますのでそんな車をご紹介しましょう。



価格差約2.5倍!「ポルシェ カイエン」

ポルシェといえばグレード選択が本当に難しいとして有名なメーカーでもありますよね、そんななか限定のスペシャルモデルが登場する911とは違いSUVのカイエンでもよく見ると同じ車でグレード間の価格差がとても大きいことがわかります。

ベースグレードの「カイエン」であれば車両本体価格8,850,000円ですが、上級グレードの「カイエンターボS」で車両本体価格22,510,000円と下位グレードの約2.5倍の価格差が発生しています。

もちろんポルシェといえば下位グレードの機能の少なさといえば有名な話ですが、最上級グレードだからといって機能がすべて備わっている訳ではありません。もちろん最上級グレードでもオプションを選択する必要があります。

同じ車といってもこの2つのグレードはエンジンもV6の3.6LエンジンとV8の4.8Lターボエンジンと全くの別物であることは車に詳しい方はわかると思います。この2つのとんでもない価格差のポルシェカイエン、あなたならどちらを選びますか?

コンパクトな車体でも価格差1,9倍!「BMW 1シリーズ」

大きなSUVだけではなくコンパクトな車体でも価格差の大きいモデルは見受けられます。それはコンパクトなボディとBMWならではの走行性能で高い人気を誇っているBMW1シリーズです。

1シリーズはベースグレードに3気筒1.5Lエンジンを搭載し燃費を稼ぐエンジンとして人気ですが、それとは反して人気があるのが伝統のBMW直列6気筒といるでしょう。その伝統の直列6気筒エンジンを1シリーズのコンパクトな車体に搭載したのがM140iというグレードです。M2、M3などのMモデルとはすこしコンセプトが異なりBMW M社の手が加わるもののスパルタンなMモデルよりは扱いやすいという立ち位置の車となっています。なのでカタログ上は1シリーズの3気筒モデルと同列で並べられるため価格差として1.9倍というコンパクトカークラスではなかなか有り得ない価格差が生まれているということになります。

BMW1シリーズ、燃費性能の3気筒か走りの伝統の6気筒。価格差だけではない好みもありそうですがあなたならどちらを選びますか?

価格差なんと約3.3倍!「メルセデスベンツ Gクラス」

メルセデスベンツの伝統あるSUVのGクラスもカタログ上では価格差がとんでもないことが見て取れます。前述にてご紹介した車とは少しイレギュラーであり比較するのも間違いと言われる方も多いと思いますが、GクラスのベースグレードG350dの車両本体価格10,800,000円と最上級グレードのG65 AMGにいたっては驚きの車両本体価格35,640,000円というプライスタグが掲げられています。

同じ車といえどV6の3Lディーゼルターボと怒涛のAMG製6LのV12気筒ツインターボと中身でここまで違うのであればもう別の車ではないか?と思われる方も多いかと思います。確かにG65は日本では受注生産のみと噂されており、AMGのメルセデスとは全く違う作り込みをされている車両ではありますが同じGクラスという名前でここまでの価格差が出てくるとグレードを簡単に選ぶのは困難ですよね。この2つのとんでもない価格差のGクラス、あなたならどちらを選びますか?

(最終更新:2017年3月2日)
Return Top