MotorHack[モーターハック]

走る楽しさを加速化せるモーターウェブマガジン

車に乗る時にガラスが凍っている…便利な解氷剤を知っていますか?

これから冬本番にも入り、厳しい冷え込みになってくると車に乗る時によくガラスが凍ってて大変…。

エンジンを掛けてから溶かすのも時間が掛かります。
そんな時は解氷剤が大変便利です!



熱湯で溶かすのは危険!?

ice_window
photo by Steve Baker

よく熱湯で溶かすという方を聞きますが、実は大変危険な行為なのです。
熱湯の場合は激しい温度差で最悪の場合、ガラスが割れてしまうケースがあるのです。
水(ぬるま湯)で溶かす場合はフロントガラスに温風を当てている状態で行った方がいいですね。
その場合は必ず水切りをしないと走行中に再度ガラスが凍ってしまうので必ず水切りはしましょう。
アイドリングしながら解凍する場合は近辺の方に迷惑にならないように素早く作業をしましょう!

解氷剤ってどんなものなの?

使い方としては液状の解氷剤をスプレーして氷を溶かすだけなので、誰でも簡単に使う事ができます。
成分のほとんどがエチルアルコールで、瞬時に氷が溶けていき、いつも通りの視界に戻す事ができます。
ホームセンターやカーセンターにも必ず並んでいる人気商品で、値段も1000円前後。
経済的な値段なので住んでいる地域にもよりますが、必ず1本車に積んでおいた方がいいでしょう。
夏は破裂の可能性があるので1年中積んでおくのはやめましょう!

ワイパー(ゴム)が凍っている場合は?

冬の間、ワイパーを立てておくのをオススメします。そして濡れている場合は水切りをしておいた方がいいでしょう。

フロントガラスと一緒にしておくと、一緒に凍りついてしまう可能性もあるからです。
さらに凍った状態でワイパーを使用したら凍った部分でガラスに傷がつく可能性や最悪の場合、ワイパーが破損する可能性もあります。
しっかりとワイパー(ゴム)にも解氷剤を使用して、水切りをしましょう!

ワイパーの凍結から守るワイパースタンドなどのアイテムもありますよ!
アーム部に取り付け、直接、凍結や熱から守る事ができます。

汎用ワイパースタンド付きワイパーフィン

ワイパーフィン
amazon.co.jp

 

いかがでしたでしょうか。
熱湯を掛けるのは大変危険なので、便利な解氷剤を活用しましょう!
ワイパースタンドは凍結だけではなく、熱からも守ってくれるので1つあると便利なアイテムとなりますので近くのカー用品店に行った際は探して見てください。

Return Top