MotorHack[モーターハック]

走る楽しさを加速化せるモーターウェブマガジン

交換したスタッドレスタイヤ、このまま夏も使っちゃダメ?

11月に入り冬も本番となってきましたね、車の冬支度としてスタッドレスタイヤに交換した方や交換を検討中の方も多いかもしれません。
初めてスタッドレスタイヤに交換する方にとってスタッドレスタイヤでこのまま夏も走っちゃダメなのか、という疑問は多少なりとも出てくるはずです。

今回は、スタッドレスタイヤを夏場使用した場合のデメリットなどをご紹介いたします。



タイヤの寿命が縮みやすい

スタッドレスタイヤ

一般的なスタッドレスタイヤというのはサマータイヤに比べて気温の低いところでのグリップ力を重視しているためタイヤのゴム自体が柔らかく設計されています。
これでマイナスの気温にも対応している設計なので夏場の暑い路面の場合夏用タイヤに比べて高温のところではゴムが減りやすい、タイヤの寿命を縮ませてしまう原因ということになります。

また、スタッドレスタイヤは夏用タイヤに比べ溝が深く切ってありますがこれは溝が無くなるまで使用できるわけではなく排水性能に関わる部分ですので溝があるからまだ大丈夫なんて考え方も危険となります。

水たまりに弱い

濡れた道路

スタッドレスタイヤの構造上、雪と氷の対策のために溝が多く切られています。これは冬場ではない時降雨時の水たまりでの性能が極端に低くなります。
多くの小さな溝は水分が入り込みやすく水たまり等ではハイドロプレーニング現象を夏タイヤ以上に引き起こしやすくなりますので夏場の降雨時には特に注意をしなければなりません。

走行性能の低下

車のタイヤ

スタッドレスタイヤは夏用タイヤに比べゴムが柔らかいためブレーキ性能やハンドリング性能で差が出てきます。
特に夏場では急ブレーキや急ハンドルに対して反応が一歩遅いような感覚であり、制動距離も伸びるなんてデータもありますので安全面で考えればスタッドレスタイヤを夏使用するのはお勧めできません。

燃費の低下

ガソリン

スタッドレスタイヤはゴムが柔らかく夏用エコタイヤに比べて転がり抵抗が大きいため、地面に多く接地し抵抗を生み出すため燃費が悪化しやすくなります。
特に猛暑の日が多い日本の夏では悪化しやすいのではないでしょうか?

このようにスタッドレスタイヤを夏使用するデメリットは数多くあり、特に最後の一年履き潰すなんて考え方の方も多くいらっしゃいますが、劣化が進んだスタッドレスタイヤを夏使用することは安全面でのリスクがありますので、使用できないわけではありませんがお勧めはできません。

その季節にあったタイヤを選んで安全なドライブをしたいですね。

Return Top