MotorHack[モーターハック]

走る楽しさを加速化せるモーターウェブマガジン

スズキ ワゴンRがフルモデルチェンジ!! 2017年2月より発売

去年の秋に発売予定だった新型ワゴンRの発売は延期されておりましたが、2017年の2月よりフルモデルチェンジの発売を開始しました。



6代目となるワゴンR

新型ワゴンR

新型ワゴンRは軽ワゴンでトップレベルの人気と燃費を誇る、人気車種です。年間で車販売台数で1位を獲得したこともあるワゴンRですが、今回のフルモデルチェンジでどこが変わったのでしょうか。

次世代軽量プラットフォームを採用

今回で6代目となる新型ワゴンRは、新型アルトなどにも採用されたスズキの新世代プラットフォームを採用しております。これにより、約100kgの軽量化に成功しており、それに加え「ISGモーター」の搭載と「S・チャージ」の改良により燃費性能を上げ、容量の高いリチュウムイオンバッテリーを搭載することによってJC08モードの33.4km/Lを実現させました。

室内空間について

次世代軽量プラットフォーム採用により車内空間を広げることに成功しました。

  • 全高:1650mm(前モデルより+10mm)
  • 室内長:2450mm(前モデルより+285mm)
  • 室内幅:1355mm(前モデルより+60mm)
  • 室内高:1265mm(変化なし)
  • ホイールベース:2460mm(前モデルより+35mm)

「デュアルカメラブレーキサポート」の導入 大きな安全面への進化

現行のワゴンRには「レーダーブレーキサポート」という機能が搭載されておりましたが、こちらは時速30km以下でのスピードにしか対応しておらず、対象も車のみでした。

新型ワゴンRにはソリオやハスラーにも採用されている、2つのカメラで人も車も認識する自動ブレーキによる新しいサポートシステムが導入されます。

新しく搭載されるデュアルカメラブレーキサポートの主な機能

 

価格・グレード

FA

  • 2WD 1,078,920円 JC08モード26.8km/L
  • 4WD 1,202,040円 JC08モード25.4km/L

ハイブリッドFX

  • 2WD 1,177,200円 JC08モード33.4km/L
  • 4WD 1,298,160円 JC08モード30.4km/L

 

Return Top