MotorHack[モーターハック]

走る楽しさを加速化せるモーターウェブマガジン

新車登録台数 ニューモデルが好調でトヨタ29.7%増

日本自動車販売協会連合会が毎月発表している軽自動車を除くブランド別新車登録台数の2月分の集計によると、首位のトヨタは「C-HR」や「プリウスPHV」などの新型車が好評で、14万5255台と販売が好調。前年比29.7%増と大幅に台数を伸ばしました。一方4ヶ月連続で2位をキープしている日産は4万6589台で12.8%増と「セレナ」だけでなく、e-POWERを搭載した「ノート」が好評です。3位ホンダは5.9%減となり、相変わらず「フリード」「ヴェゼル」が人気なものの若干伸び悩んだ印象です。プラスに転じたのはスバル、スズキ、ダイハツで、ダイハツは新型「ブーン」の販売により軽自動車以外においても販売台数が上昇。マツダ、レクサスは10%以上販売台数が下がり、三菱は大幅にダウンしています。

  • 1位 トヨタ 14万5255台(29.7%増)
  • 2位 日産 4万6589台(12.8%増)
  • 3位 ホンダ 3万4276台(5.9%減)
  • 4位 マツダ 1万5925台(10.9%減)
  • 5位 スバル 1万3218台(13.4%増)
  • 6位 スズキ 9599台(9.4%増)
  • 7位 いすゞ 6824台(15.7%増)
  • 8位 日野 5284台(6.9%増)
  • 9位 レクサス 3672台(12.3%減)
  • 10位 三菱ふそう 3278台(3.0%減)
  • 11位 三菱自動車 2963台(41.6%減)
  • 12位 ダイハツ 975台(712.5%増)
  • 13位 UDトラックス 699台(9.6%減)



トヨタC-HRが好調のスタート

c-hr

昨年年末から販売開始しているC-HR。販売1ヶ月の時点で目標受注台数6000台を大幅に超える4万8000台もの受注があり、約8倍と好調なスタートを切っています。トヨタの新型プラットフォームTNGAを採用することにより低重心で安定感のある走行性能と、ダイヤモンドをモチーフとした独特のスポーティな造形、SUVの中でもクラストップの30.2km/Lという燃費性能で高評価を得ています。プリウスとパワートレインを共通としているものの、クロスオーバーSUVならではの足回りの強さで住み分けもなされており、快適性も高いのがこのモデルの売りでしょう。

日産は「e-POWER」で起死回生

note_epower

ノートのマイナーチェンジで新たに登場した「e-POWER」という新しい駆動システム。燃料こそガソリンを使用していますが、通常のハイブリッド車と異なりエンジンは発電のみに使用し、実際の走行は100%モーター駆動となっています。モーター駆動ならではの静寂性と踏み出した時の加速感はそのままに、電気自動車の不満である充電の手間をなくした点で評価が高く、2016年11月には日産車としては30年ぶりとなる月間販売台数1位に輝くなど、販売直後から記録的なヒットモデルとなりました。この独特の駆動方式による車体を操る楽しさも加わり、今後の日産のモデルにも期待が高まっています。

(最終更新:2018年1月18日)
Return Top