MotorHack[モーターハック]

走る楽しさを加速化せるモーターウェブマガジン

レクサスUXコンセプトの公開

 

トヨタ自動車の高級ブランドである【レクサス】は、フランス・パリで9月29日(木)~10月16日(日)に開催される2016年パリモーターショーにて、SUVである「UX」のコンセプトカー「UX コンセプト」を出展する事を発表しました。

レクサスUXコンセプト
http://news.cision.com/fi/lexus/r/lexus-ux-concept-esitellaan-pariisin-autonayttelyssa,c2075730

 

UX コンセプトは、次世代レクサスの力強く大胆なエクステリアデザインの方向性を示し、伝統的な匠の技と先進技術を融合したインテリアと共に独自の世界観を演出しています。都市生活における先進的なドライビング体験の提供を目指しデザインされている。
そのデザインは、フランス・ニースに拠点を置くED2(EDスクエア)が担当しており全体的に未来的で斬新なつくりをしています。

 

レクサスUXコンセプト内装
http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/13490519/

こちらのインパネ写真が公開されたインテリアでは、先進的なヒューマンマシンインターフェイス技術を採用しており、運転席前に透明な“球体状のホログラム”が浮かび上がって様々な運転情報を表示するほか、切子面のあるクリスタル形状のセンターコンソール内にあるホログラムでエアコンやインフォテインメント情報を表示できるよう施されています。
運転席と助手席の両方から情報確認が出来るつくりの為、最先端技術の三次元表示による先進的なドライビングが出来るというから驚きだ。
さらにUXコンセプトの内装では電子ミラー、調光ガラスといった最新の電子技術を搭載している為、電子ミラーはカメラを使うことで通常のミラーより小型・薄型化が可能となり、車内のスクリーンでミラーに映った状況を確認できる。
また、全てのスイッチ類はセンターコンソール上の透明カバー内に収められている為、フィン形状にデザインされたAピラーやインパネ助手席側にある取り外し可能なオーディオスピーカーなどによってインテリアのデザイン性が高められている。
まさにレクサスが打ち出すUXコンセプトは、内外ともに未来的でハイクオリティな一台と言えるでしょう。

また、今回のモーターショーには2016年4月に開催された北京モーターショーに出展した、マイナーチェンジの新型スポーツセダンISの欧州初公開や、2017年春頃に発売予定の新型ラグジュアリークーペLCなどの展示を予定しているようで、今回のモーターショーはレクサスが本気でプロモーションをかけているのが伺えます。
レクサスは、現地時間9月29日(木)13時30分(日本時間の同日20時30分)より、モーターショー会場ホール4内のLEXUSスタンドにてプレスカンファレンスを実施する予定です。

(最終更新:2016年11月4日)
Return Top