12月14日発売のトヨタ新型SUV C-HRとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2016年3月にジュネーブモーターショーにて市販車が公開され、いよいよ発売日が近づいてきたC-HR。今ここで出ている情報をまとめていきましょう。

C-HR

C-HRは現行プリウスと共通のプラットフォームを用いたクロスオーバーSUVで、クロスオーバーらしく様々な状況下での運転のしやすさ、見切りの良さを確保しながらも、流行のクーペスタイルを取り入れた斬新なエクステリアだけでなく優れた安全性能と低燃費を実現しています。ニュルブルクリンク24時間耐久レースにこのC-HRをベースとしたレース車両で参戦していたことでも話題になりました。

「大人の感性に響く」ことを目指したエクステリア

C-HRエクステリア

ダイヤモンドをモチーフにしているというそのエクステリア。多面的に深くエッジが効いています。後部ドアとリアハッチを一体化しているようなデザインで、ドアハンドルを上部に持っていくことにより、デザインがさらに際立つように考えられています。まるでクーペのような、ちょっと見ただけでは後部ドアがあるかわからないところも斬新ですね。実車であればさらにこのデザインのメリハリが伝わることと思います。

C-HRフロントマスク

フロントマスクはヘッドライトやフェンダー周りが車全体を包み込むようなデザインになっており、実際のサイズ以上にSUVらしいカッチリとした安定感を演出しています。トヨタが新型車に次々取り入れている「キーンルック」、「アンダープライオリティ」といった意匠を受け継ぎ、先進的なマスクでありながら衝突安全性も確保しています。

C-HRヘッドライト

国内で規制緩和されて以来、レクサスブランドでは使用されていた「シーケンシャルターンランプ」。右左折時に外側へ流れるように12個のLEDランプが光り、ウィンカーの役目をします。トヨタ車としては初の搭載。

高級感あるインテリア

C-HRインテリア

インテリアのコンセプトは「センシュアル-テック」。先進的、なおかつ官能的な大人っぽいデザインを目指して開発されています。色味を抑えて様々な風合いを持つ素材を使い分けることにより、シンプルで統一感のあるデザインでありながら高級感が伝わってきます。運転席のメーターを中心とした広がりのあるデザインを用いており、ドライバーの運転を邪魔せずにあらゆる操作ができるように設計されています。目を引く左右非対称の操作パネルがスタイリッシュ。

二種類のエンジン

エンジンは二種類の中から選択可能で、プリウスと共通の1.8Lハイブリッドエンジンだけでなく、オーリスにも搭載されている1.2Lガソリンターボエンジンも選ぶことができます。欧州などで人気のダウンサイジングターボですが、自動車税などの面でも維持費を抑えることができるだけでなく、出力特性の違いや4WD仕様は1.2Lだけなど細かな変更がありこちらも期待できますね。燃費を重視するならばハイブリッドモデル、SUVの楽しさを求めるならば通常のガソリンターボモデルと選ぶ楽しみも残されています。

グレードによる違いは?

ハイブリッドモデル

  • グレード  G/S
  • トランスミッション  電気式無段変速機
  • 全長(mm)/全幅(mm)/全高(mm)  4,360/1,795/1,550
  • ホイールベース(mm)  2,640
  • エンジン 種類  直列4気筒DOHC
  • 総排気量(L)  1.797
  • 最高出力(kW[PS]/rpm)  72(98)/5,200
  • 最大トルク(N・m[kgf.m]/rpm)  142(14.5)/3,600
  • 駆動方式  2WD(FF)

ガソリンモデル

  • グレード  G-T / S-T
  • トランスミッション  Super CVT-i
  • 全長(mm)/全幅(mm)/全高(mm)  4,360/1,795/1,565
  • ホイールベース(mm)  2,640
  • エンジン 種類  直列4気筒DOHC インタークーラー付ターボ
  • 総排気量(L)  1.196
  • 最高出力(kW[PS]/rpm)  85(116)/5,200~5,600
  • 最大トルク(N・m[kgf.m]/rpm)  185(18.9)/1,500~4,000
  • 駆動方式  4WD

それぞれエンジンごとにベースグレードのS、上位グレードのGがあり、ガソリンターボの場合は後ろにターボのTがつきます。ホイールや前後ライト周り、内装色など、変更点は多岐にわたります。

ボディーカラーは全8色!

 

C-HRカラー

お好きなカラーで走り出せます。8色もあるなんて贅沢ですね。トヨタの本気度が伺えます。

気になる発売日は12月14日予定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

最新記事

  1. 2017-swift
    スイフトってどんな車? 使い勝手の良いBセグメントのハッチバックとして海外でも人気の高いス…
  2. suzuki_apv
    今回も日本のメーカーでありながら現地生産などにより日本で未発売の車種についてご紹介いたします。スズキ…
  3. Honda_CRF250_Rally
    先月発表されたもののまだまだ噂が飛び交うCRF250 RALLY。発売日の発表が待ち遠しいですね。 …
  4. new-mini-crossover
    BMWグループのMINIから、コンパクトSUVとして人気を博している「MINI クロスオーバー」の新…
  5. honda-rebel
    ホンダは米国にて現地法人であるアメリカン・ホンダモーターから新型のクルーザーモデルとなるRebel(…

ピックアップ記事

  1. car_glass

    2016-11-12

    車のガラスにヒビが!修理や交換をしないと大変な事に…!?

    ドライブ先や日常の運転中に飛び石などでフロントガラスに小さなヒビが入ってしまった!なんて経験はありま…
  2. Triumph_scrambler

    2016-11-18

    英国トライアンフのストリートシリーズに新作!ストリートスクランブラー

    トライアンフの基本モデルとなるストリートシリーズに新たな仲間が発表されました。その名もストリートスク…
  3. fz6

    2016-11-12

    冬の間のバイクの正しい冬眠保管方法

    ここ最近寒くなってきて来年の春までバイクを長期間乗らずに置いておく方も多いかと思います、寒くてもこま…
  4. 2017-swift

    2016-12-20

    スズキ・スイフト フルモデルチェンジ間近!2017年春には発表か

    スイフトってどんな車? 使い勝手の良いBセグメントのハッチバックとして海外でも人気の高いス…
  5. tire_blowout

    2016-11-9

    最近の車にはスペアタイヤではなくパンク修理キットが、でも使い方知ってますか?

    ここ最近の車にはスペアタイヤではなくパンクの応急修理キットが搭載されているケースが数多く見られます。…
ページ上部へ戻る