MotorHack[モーターハック]

走る楽しさを加速化せるモーターウェブマガジン

日本で未発売の日本メーカーの車「ダイハツ編」

今回は日本メーカーでありながら日本以外の国で発売されていて日本では発売されていない車をご紹介します、現在は現地生産化が進んでいますが日本メーカーというくくりでご紹介させていただきます。今回は日本では軽自動車の印象の強いダイハツ編です。現在ダイハツはヨーロッパ圏から撤退を行いアジア圏での販売がメインとなっています。



インドネシア 「ハイマックス」

daihatsu-himax

インドネシアではダイハツの小型トラック、日本で言う軽トラ「ハイゼット」を仕様変更して販売しています。最大のポイントは日本規格の660ccエンジンではなく1KR型1000ccエンジンを搭載し日本の軽トラよりパワフルな仕様となっている面ですが、プレス発表によるとインドネシアでは洪水等を意識した対冠水性の高さが求められるそうです。この車種はそんな現地需要に合わせてエンジンの吸気口を高い位置に設置するなど現地ならではの需要に対応しているそうです。

インドネシア「シグラ」

daihatsu-sigra

こちらもインドネシア専用のダイハツ車、7人乗りの小型MPVとして誕生し日本では以前発売されていた7人乗り「パッソセッテ」の後継とも言えるこの車両はインドネシアでの需要に適合した積載性を持ち合わせているとのこと。こちらもエンジンは1000ccまたは1200ccと現在日本でもコンパクトカーなどに使用される主流のエンジンを搭載しています。日本でコンパクトでありながら7人乗りというコンセプトの車種は人気を博していますので日本導入も問題ないのではないかと考えられますが、パッソセッテが販売面で苦戦しているも「シエンタ」などが販売好調という事を考慮すると日本ではスライドドアの需要が大きいのではと考えられますね。

 

いかがでしたでしょうか?日本での販売車種と比べるとデザインやコンセプトが現地向けにアレンジされた開発がなされていますよね、最近では日本向け車両の海外生産車が日本へ輸出を行う例が多くなっていますが開発が進めば海外向けモデルの現地生産車が日本への輸出を行うなんて日も遠くないかもしれません。

こちらの記事には現在発売されている車種のみのご紹介ですが今後も随時追加していきます。

Return Top