MotorHack[モーターハック]|走る楽しさを加速させる

MotorHackは車やバイクに乗りたくなってしまう情報を集めたモーターウェブマガジンです。

ゴルフR 2017年モデル発表

フォルクスワーゲンの人気車種、ゴルフの中でも頂点に立つ「ゴルフR」、ステーションワゴンタイプとなる「ゴルフRヴァリアント」の2017年モデルが発表されました。
ゴルフは現在のモデルで7代目となりますが、2016年11月におよそ4年が経過した現行モデルも大幅にマイナーチェンジを果たしており、それに合わせてこのゴルフRもブラッシュアップを果たしました。

よりスポーティな外観

ゴルフR2017

すでに改良が発表されている通常モデルのゴルフと同じくLEDのヘッドライト、テールライトをLED化しており、新デザインのフロントバンパーと合わせてよりスポーティな印象に変化しています。ウィンカーもフルLED化されており、流行りの流れるような演出も与えられています。
インテリアはスピードメーターをデジタルの「アクティブ・インフォ・ディスプレイ」に変更し、通常の速度やタコメーターだけでなくナビ表示に変更可能。アウディでも採用されており人気の高いデジタルならではの恩恵ですね。ダッシュボード上にもモニターを搭載しており、従来の6.5インチから9.2インチへと大幅にサイズを変更。スマートフォンなどのワイヤレス充電システムも搭載するようです。
また、「トラフィック・ジャム・アシスト」という半自動運転を新たに搭載し、渋滞時の疲労軽減に繋がるなど、新たな安全装備も搭載される予定です。このレーダーによるシステムはフロントグリルのエンブレム部分に仕込まれており、スタイリッシュですね。

最大出力はなんと310ps

パワートレインは2.0L4気筒ターボエンジンを採用し、これまで300psと車格を考えても強力だったエンジンをさらに10ps向上しました。これにより0-100km/hでの加速は従来から0.3秒縮めて4.6秒まで短縮し、より運動性能を上げてデビューを果たします。トランスミッションは従来の6速から7速のDSGに変更。ドイツ本国ではすでにオーダーが可能で、日本国内でも近々発売日や価格も発表されることと思われます。
ドイツでの価格は日本円換算で460万円ほどで、10万円ほど値上げされています。日本国内で現行ゴルフRが550万円ほどと考えると、こちらも多少値上がりすると予想されます。

ヴァリアント版も合わせて発表

ゴルフRヴァリアント2017

ゴルフシリーズでも人気の高いワゴンタイプとなるヴァリアントも発表されており、通常のゴルフと比べて100L近く拡大されたラゲッジルームが魅力になります。こちらのタイプであれば、後席を立たせた状態でもかなりの量の荷物が積めるため、アウトドアやファミリーユースでも安心ですね。

Return Top