MotorHack[モーターハック]|走る楽しさを加速させる

MotorHackは車やバイクに乗りたくなってしまう情報を集めたモーターウェブマガジンです。

フェラーリ、ジュネーブショーにて「812 Superfast」をワールドプレミア

フェラーリは2017年2月16日、スイスで行われるジュネーブモーターショー2017にて新型車「812スーパーファスト」をワールドプレミアすると発表しました。この新型車はV型12気筒のフロントエンジンのモデルで現在発売されている「F12ベルリネッタ」の後継モデルとなると見られています。フロントにエンジンを搭載するモデルとしては同社史上最もパワフルで最速であると発表しています。それでは気になる詳しいスペックなどをご説明しましょう。

800psを叩き出す驚異のスペック

812superfast

今回発表された「812スーパーファスト」は2012年に発売された「F12ベルリネッタ」と比較しても60psアップの800psを8500rpmという極めて高回転域にて発生させます。このハイパワーエンジンを乾燥重量1525kgという軽量ボディに搭載しこれを専用ギアレシオを持つデュアルクラッチトランスミッションにて駆動させることで0-100km/hまでの加速をわずか2.9秒でこなし最高速度はなんと340km/hというスーパースポーツカーとなっています。しかし、ただ馬力を上げたレーシングカーとは違いこのエンジンの持つトルクの80%を3500rpmの領域で発生させることで低回転域での扱いやすさも兼ね備えるとフェラーリは発表しています。さらには進化させた車体制御システムにより破綻させることなく高次元のパフォーマンスを引き出すことが可能とのことです。

エクステリアの面では、ヘッドライト横に大きなエアインテークを備えることにより空力性能を上げているのが見て取れます。またリアにはフロントエンジン12気筒モデルとしては575マラネロ以来のフェラーリ伝統の丸4灯のテールランプを採用しているのも特徴となっています。

2012年に発表されたF12ベルリネッタからすると後継モデルとしては驚異のスペックを引き下げて登場した新型812スーパーファストですが、スペシャルモデルのミドシップエンジンと電気モーターのハイブリッド「ラ・フェラーリ」を除く最強モデルと見られるものの発売や日本導入は今の所アナウンスされていません。ですがジュネーブでワールドプレミアされたモデルは同年中には本国で発売されると見られており、日本でお目にかかる日もそう遠く無いと予想されます。フロントエンジンのV12気筒モデルはこれまでの傾向からするとベース価格で4000万円級と予想されており、さらにはF12ベルリネッタを高性能に強化した「F12tdf」に至っては5000万円オーバーという驚異的な価格が設定されてます。この車両を購入しフェラーリのレース直系のスーパースポーツを手にできる方は本当に幸せといえますね。

Return Top