MotorHack[モーターハック]

走る楽しさを加速化せるモーターウェブマガジン

ボルボが最上級のS90、V90を日本発売

スウェーデンの自動車メーカーボルボは2月22日、同社での最上級のクラスとなるセダンの「S90」ワゴンタイプの「V90」ワゴンのクロスオーバータイプの「V90 クロスカントリー」を同日より発売すると発表しました。この車種の発表によりボルボは同社のフルラインナップ化が完成したと言えるでしょう。それでは新型車の特徴や詳細についてお伝えします。



世界初の安全装備

v90

安全装備では自動車メーカートップクラスともいえるボルボですが、今回の新型車で新たな安全装備を取り入れてきました。それは「大型動物検知機構」というなんとも北欧メーカーらしい安全装備です。内容を詳しくお伝えすると従来の衝突軽減・回避の自動ブレーキにおいては車両、自転車、歩行者等の街中において飛び出す可能性のあるものに対して反応するという仕組みでした。これにさらに郊外地などで道路に飛び出しやすい大型動物に対して衝突軽減・回避ブレーキを作動させるようにしたのが今回の機能となっています。この機能は夜間でも作動するようになっており、郊外において動物の飛び出しが多い北欧ならではの機能と言えますね。日本でも郊外地においては動物との接触事故は数多く発生しており、街中の歩行者や自転車のみならず郊外での対動物向けの安全装備とはなんともボルボらしいですよね。

全車に自動運転レベル2を装備へ

Volvo V90 2017

今回発売されたボルボ90シリーズには全車ミリ波レーダーとカメラを搭載し、ステアリングアシスト機能が標準装備され前走車がない状態でも車線を維持してくれる機能のため現在テスラやメルセデス、日産が発売をした自動運転レベル2の機能を持っています。この自動運転の作動域が最大140km/hということで日本の法規上全く問題のない速度域までカバーしてくれています。もちろん前走車を検知することが可能なため高速道路等ではドライバーに負担をかけずに走行することが可能となっています。

パワートレーンはバリエーション豊富

今回発売された90シリーズに搭載されるパワートレーンは様々な需要に対応するため豊富なラインナップとなっています。基本的には全車4気筒の2000ccエンジンとなっていますが、一番ベースのモデルには4気筒ターボで254psを発生させる「T5」さらに4気筒ターボエンジンにスーパーチャージャーを組み合わせたツインチャージャーで320psを発生させる「T6」さらにはV90とV90クロスカントリーに用意される4気筒スーパーチャージャー付きターボエンジンに電気モーターを組み合わせたプラグインハイブリッドの「T8 Twin Engine」と豊富なラインナップとなっています。このエンジンに全て8ATを組み合わせることによってスムーズな加速を実現していると謳っています。

ボルボのフラッグシップシリーズとして発売された90シリーズですが、デザインにも力をいれ独特の高級感が出ていますよね。そこに豊富なエンジンライナップとワゴンにクロスオーバーとボディ形状も様々な用意がされていますので多くの人の要求を満たす車担っているのではないでしょうか?

Return Top