MotorHack[モーターハック]|走る楽しさを加速させる

MotorHackは車やバイクに乗りたくなってしまう情報を集めたモーターウェブマガジンです。

バイクの基本のジャンルを抑えよう

バイクを購入したいけれどどんな種類があるんだろう…とお嘆きのあなた。大丈夫です。今更聞けない基本的なことから学んでいきましょう。

バイクの種類は確かに豊富。しかしジャンルで考えていけばざっくりと大別することができます。その中から自分の用途に合わせて選んでいけば、きっと素敵なバイクに巡り会えるはずです。

もちろん、見た目から入るのも大いにありですよ。

ネイキッド

ホンダ CB400 SUPER FOUR

cb400sf
via:honda.co.jp

「バイク」と聞いて真っ先に浮かぶのはこのスタイルではないでしょうか。カウルがなくまさしく「裸」のバイクです。乗車姿勢も楽で扱いやすいのがこのバイクの最大のメリット。オールマイティに使用できます。人気も高く、各メーカーが古くから様々なモデルを生み出しているため車種も豊富です。ロングツーリングの際、積載性が高いモデルが多いのもポイント。シートが大きいため二人乗りや荷物を積む場合に大いに役立ちます。

バイク選びに迷ったり、最初の一台で選ぶなら後悔はしないはずです。

スーパースポーツ

ヤマハ YZF-R1

yzf_r1
via:yamaha-motor.co.jp

各メーカーフラグシップとなるジャンル。レースの技術を市販車に投入させるのもこのスーパースポーツです。略称はSS、RR(レーサーレプリカ)。

とにかく速く走りたい、レースに参加してみたいという方におすすめ。元がレース車両のため、車体も軽く抜群の加速性、最高速を叩き出します。最新の技術が盛り込まれるため性能は申し分ありませんが、高価なモデルが多いです。

空力性能を高めるためかなりの前傾姿勢となり、長距離でのツーリングや町中でのストップ&ゴーは苦手。そのパワーと引き換えにエンジンの排熱も高め。また、タンデムシートは申し訳程度のものがほとんどで、積載性も極端に低いです。

バイクは独りで走るものだ!という方や、多少の苦労は折込済みであこがれのバイクに乗りたい、という方であれば問題ないでしょう。

オフロード

カワサキ KLX250

klx250
via:kawasaki-motors.com

いわゆるオフ車。悪路を走行するという目的のため、車体自体が大変軽く扱いやすいモデルが多いです。

オンロード車と違い転倒するのが前提なので、エンジンを始めとした各部品がシンプルな設計をした車種が多く、故障もしにくいのが特徴です。タイヤがオフロード用のブロックタイヤになっていますが、持ち前の軽さで町中などでも活躍します。

その反面、シート高が高いため車種によっては身長をある程度選ぶのと、振動が大きくシートが薄いためライダーに負担がかかりやすいのもあり、長距離での高速ツーリングは苦手。とはいえオフロード走行からバイクの挙動を掴んだり学べることは多く、一度は乗っていただきたいジャンルです。初心者にもおすすめ。

タイヤをオンロード用に履き替えたモタードというジャンルもあり、こちらも初心者から上級者まで支持されています。

アメリカン

ハーレーダビッドソン FXDF

fxdf
via:harley-davidson.com

ネイキッドと並びこれぞバイクといったスタイル。アメリカンという名前の通り、ハーレーダビッドソンなどアメリカのメーカーが有名ですが、国産車でももちろん車種は選べます。クルーザーともいいます。

足を投げ出すような独特の乗車姿勢でシート高も低め。アメリカの広大な土地を駆け抜けるバイクということもあり、長距離のクルージングは得意ですが、峠道などカーブが多い場面では扱いが難しいのが特徴です。

クロームパーツをふんだんに使うなど見た目にも気合が入ったモデルが多く、インパクトは絶大。エンジンも敢えて鼓動を感じられるような設計にされており、所有感も高いです。

車重はかなりありますがその分風などに煽られにくくこれも長距離をゆったり走るためには役に立ちます。

見た目が気に入っていたり、ロマンを感じてしまう人におすすめです。

続きは次のページにて

Return Top