MotorHack[モーターハック]

走る楽しさを加速化せるモーターウェブマガジン

CB1100に新モデル CB1100RS登場

ホンダの人気モデルであるCB1100シリーズに派生モデルであるCB1100RS新たにが登場し話題となっています。



CB1100はどんなバイク?

cb1100

ますます人気を博しているネオクラシック。国内だけでなく、外車勢も揃ってクラシカルな外見のバイクをラインナップに加える中、ホンダが2010年から送り出しているのがCB1100です。このバイク、何と言っても空冷4気筒という、ある意味では時代に逆行するようなバイクとしてあらゆる年齢層から支持されています。排ガス規制強化などにより、空冷Vツインで知られるハーレーダビッドソンも水冷エンジンのバイクをラインナップに加え、トライアンフの人気シリーズであるボンネビルも水冷エンジンとして生まれ変わる中、このCB1100は空冷エンジンのフィーリングを現代に蘇らせた存在というわけです。

排気量が1100ccもあるため、もちろんスロットルを回せば鋭い加速をするのですが、低速からのトルクフルな走りと、バランスの良い重心、足つきの良さ、それに空冷エンジンのフィーリングが加わり、ゆったりとツーリングできるバイクなのがこのCB1100シリーズなのです。

高速域でも手を抜かないCB1100RS

cb1100rs

CB1100をベースとし、足回りのカスタムを施したような外見を手に入れたのがこのCB1100RSです。佇まいは往年の空冷直4ネイキッドを彷彿とさせ、見た目だけでもグッとくる方も多いのではないでしょうか。エンジンこそスペック上では通常モデルと同じ馬力ですが、吹け上がりが鋭く直4らしさを意識した味付けに変更され、足回りの強化により特に高速域のカーブなど、今までのモデルに比べ路面にトラクションがかかりやすいように調整されています。ますます厳しくなる排ガス・騒音規制強化の中、リッターを超えるサイズで空冷4気筒モデルを出し続けるホンダの技術力はさすがといったところですね。見た目にもエンジンの放熱フィンが美しく、これも空冷ならではの魅力といえます。車体フレームはパイプで古き良き時代のバイクを意識させますが、スリッパー&アシストクラッチを搭載し、ヘッドライトやウインカーもLED化するなど、現代の技術が投下されており、まさしくネオクラシックの王道をいくモデルです。

ハンドルは低めにセッティングされやや前傾気味に変わり、前後タイヤは18インチから17インチのアルミキャストホイールに変更され、コーナリングでの旋回性が高まっています。フロントフォークやアルミ製スイングアーム、リアショックもRSグレード用に新たなパーツに変わっています。また、ブレーキもラジアルマウントキャリバーになり、頼りがいのある足回りに総入れ替えされているといった印象。もともと低速域から直進安定性が高いモデルでしたが、その良さを活かしつつ、カッチリと装備を固めたことにより高速域での安心感、カーブでの操作性をグレードアップさせたモデルに生まれ変わりました。タンク形状も変更され、見た目も乗り味も満足感の高いモデルに仕上がっています。

Return Top