MotorHack[モーターハック]

走る楽しさを加速化せるモーターウェブマガジン

スズキの新型Vストローム650/650XT 国内モデル発表間近か

スズキの人気デュアルパーパスモデルであるVストローム650がモデルチェンジを果たし、Vストローム650、Vストローム650XTと2つのタイプで発表されています。今回のモデルチェンジにより見た目、中身ともにかなりの変化があり、より悪路の走破性に磨きがかかりました。海外ではすでに価格も発表されており、国内導入モデルの発表も間近ではないかとの噂も。そんな気になる新型の変更点をまとめます。



Vストローム1000と共通の見た目に

vstorm

近年少しづつシェアを拡大しているデュアルパーパスやアドベンチャーツアラーモデル群。海外ではこのジャンルは大変な人気があり、Vストロームも欧州で実際に走行テストを繰り返してあらゆる道に対応できるような調整がなされています。今回のモデルチェンジにより、すでに国内導入され、兄貴分となるVストローム1000と共通の見た目になり、Vストロームファミリーとしての位置づけがより明確になりました。

vstorm01

こちらは現行モデル。見比べるとかなり見た目に変更があります。二眼ライトが廃止され、特徴的なくちばし状のフェンダーが設置される外見に変更されました。スズキの往年の名車、DR800Sを彷彿とさせるフェンダーにスズキらしさを感じます。

650/650XTの変更点・仕様

 

通常の650の方はフロント19インチ、リア17インチのアルミキャストホイールを装備し、主にオンロードでの剛性を優先したモデルとなっています。一方650XTでは衝撃吸収性が高く、オフロード車でよく使われるスポークホイール(チューブレス)になった他に、岩場や飛び石などからエンジンを守るアンダーガードやハンドガードを装備し、悪路での走破性を優先した仕様に変更されています。見た目のボリュームにもこのアンダーガードが貢献していますね。また、どちらのモデルもリアキャリアが付属している上、リアシートと一直線上に配置されているため積載性バツグン。タンク容量もスリムな見た目ながら20Lもあり、ロングツーリング時の航続距離の面でも安心です。

新開発のVツインエンジン

v-strom-engine

パワーユニットは645cc水冷Vツインを搭載。SV650系のエンジンながら、ローからミドルレンジ寄りのセッティングに変更し、低速から粘りのあるエンジン設計になっています。さらに新設計の樹脂コーティングピストン等60点以上の部品変更・修正を加え、フリクションロスの低減や燃焼効率を向上させ、より燃費の良いエンジンに仕上がっています。元々このVツインエンジンはスズキのモデル群の中でも非常に評価が高く、Vツインながら気持ちよく回るエンジンとして知られているだけでなく、Vツインならではのスリムな車体構成にも貢献しています。

さらにこの新型モデルではVストローム1000と同じくトラクションコントロールが搭載されており、リアホイールの空転に合わせて出力を自動で調節してくれるようになりました。悪路だけでなく、日常で遭遇する雨や雪など路面状況に合わせてコントロールしてくれるため、どのようなシチュエーションでも安心して乗れそうです。

Vストローム650はツーリングがより身近で楽しくなる、そんなモデルに仕上がっているようです。予想価格は通常モデルの650で100万を切る価格になるようで、国内導入は夏頃ではないかとの情報もあり、今後の発表に期待が高まります。

(最終更新:2017年2月23日)
Return Top