MotorHack[モーターハック]

走る楽しさを加速化せるモーターウェブマガジン

憧れの名車 スズキ「隼」の魅力

スズキが販売しているアルティメットスポーツバイク「隼(はやぶさ)」。バイクファンならずとも一度は聞いたことがあることと思います。かつて量産車が世界最速を競い合った時代に生まれたこのバイクは、現在もモデルチェンジを経て販売され続けており、スズキを代表するバイクとして今もなおその人気に衰えがありません。今回はその隼の魅力に迫ります。



20世紀最後の遺産

hayabusa隼が販売開始されたのは1999年。90年代は量産車がこぞって世界最速を競い合った時代でもあり、カワサキのZZR1100、ホンダのCBR1100XXブラックバードなど、各社が威信をかけて大排気量のスポーツバイクを開発していました。そんな90年代が終わろうとした年に衝撃的なデビューを果たしたのが「GSX1300R 隼(HAYABUSA)」です。欧州向けに開発された初期型は「アルティメットスポーツ」をコンセプトとし、175馬力というクラス最高の出力性能を持ちながら、この驚異的なパワーを誰にでも扱いやすく仕上げた点で高い評価を得ました。このモデルは市販車でありながら最高速312km/hとギネス記録にも認定され、最高速競争の終止符を打つとともに、この競争の最後の生き残りでもあります。スズキらしい奇抜ともいえるこの独特の見た目は風洞実験などから生まれた、空力性能をとことんまで追求したもの。現在においても他に例を見ないモデルとして人気が高い理由の一つでもあります。

正常進化した二代目

初期型の販売開始から9年後の2008年にはフルモデルチェンジを果たして再登場した隼。モデル名もスズキの伝統的な型式であるGSXが外れ「HAYABUSA1300」に変更。他のモデルから独立した存在としてさらに磨きがかかりました。エンジンのバルブがチタン製に変更されストローク量を増やすことにより排気量は先代の1299ccから1340ccに増加。最高出力はついに197馬力まで達したにも関わらずその扱いやすさは健在です。より大柄になったカウルにより見た目のインパクトは増しましたが、徹底した空力性能により高速巡航も疲労度が少なく、ビッグバイクならではのクラッチを離しただけで走り出すトルクもあり、足つきもバツグンで大型初心者や女性ライダーでも受け入れやすいモデルになりました。モードチェンジも備わることによりバイク経験の違いによらずどのようなライダーにとっても懐が広く優しい存在、それが隼なのです。現在では国内モデルでもフルパワー仕様となっており、ETCも標準で装備するなど非常に所有感の高い一台です。

隼の2017年モデル

スズキの逆輸入車を販売しているMotoMapから2017年モデルの販売も開始しています。参考小売価格は1,760,400円(税込)。今年のモデルは三色から選べるようになっており、国内仕様と異なりシートカウルが付属しています。

Glass Sparkle Black / Pearl Glacier White

Pearl Vigor Blue / Glass Sparkle Black

Glass Sparkle Black

  • エンジン:水冷4サイクルDOHC4気筒
  • 排気量:1340cc
  • 最高出力:197ps/9500rpm
  • 最大トルク:15.8kg-m/7000rpm
  • 車両重量:266kg(装備重量)

三代目モデルは販売するか?

スズキのアナウンスによるとフラグシップモデルだけあり開発はし続けるようです。現状でわかっていることは、次期モデルにおいても正常進化を続けるため、極端にデザインなど変更はせず隼らしいモデルにすることと、電子装備を最新のものに変更することです。排ガス規制や騒音規制を乗り越えてきたモデルだけあり、今後もモデルチェンジを経て生き残り続けて欲しいバイクですね。

 

(最終更新:2017年3月2日)
Return Top