HONDA GROM(グロム)の魅力とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

グロムは日本国外ではMSX125の名称で販売されているホンダの小型自動二輪です。

2013年に販売され製造はタイホンダで全世界で販売されています。

GROMのスペック

メーカー希望小売価格
税込345,600円

125ccの空冷単気筒エンジン

4速のマニュアルトランスミッション

5.7Lの容量フューエルタンク

インジェクションはPGI-FIを採用。
PGI-FIとは簡単に言えばコンピューター制御の燃料噴射装置です。
エンジンの回転数より燃料の最適な量とタイミングで、効率よくエンジンをコントロールしています。

LEDヘッドライト搭載

2016年にモデルチェンジされた新型グロムは、これまでのハロゲンプロジェクターヘッドライトからLEDヘッドライトへ変更となり、より夜間の道路視認性が増しました。

エンジン回転数をバーグラフで表示するディスプレイ。
速度計、燃料計、走行距離、時計などの機能搭載。

GROMの魅力

コンパクトなサイズなのに充実した装備!

・新設計のスチールものバックボーンフレーム
・12インチのアルミホイール
・倒立のフロントフォーク
・前後のディスクブレーキ

使い方はさまざま!街乗りやツーリングまで!

GROMは125ccというサイズなのでとても乗りやすく、街乗りから遠距離のツーリングまでこなせてしまうのです。

初心者の方から、セカンドバイクとして購入しツーリングを楽しむ方など購入される方の目的はさまざまです。

パーツが豊富なので自分の好みのGROMが作れます。

GROM最大の魅力はカスタムが無限大なところ!

グロムはタイで生産されており、タイ本国では日本よりも多くのカスタムメーカーがパーツを販売しています。

日本ではSP武川やキタコ、エンデュランスなどの4miniカスタムメーカーがこぞってカスタムパーツを販売しており、モンキーカスタムの125cc版ともいえるパーツの豊富さとなっています。

簡単にカスタムできるパーツをご紹介

マフラー

EBJ-JC61 R-EVO(レーシングエヴォ)マフラー チタンサイレンサー SP(JMCA認定) BEAMS(ビームス)

シングル独特の心地よく力強いエンジン音

低速やアイドリング時は純正並みの静かさ

サイレンサー内部もBEAMS社独自の隔壁構造を採用しており、面倒なセッティング等は一切不要

シート

ゲルザブR(GEL-ZAB R)ゲル内蔵クッション 300×300mm EFFEX(エフェックス

グロムの純正シートは、角が立っており硬いシートのため長距離の運転で尻が痛くなってしまう方がとても多いです。
シートのアンコ盛りや社外シートの導入などの対策がありますが、モーターハックではまずゲルザブを試す事をおすすめします。
グロムのオーナーはセカンドバイクとして所有している方が多いと思いますが、ゲルザブなら取り外して他のバイクにも使用できるのでまずはゲルザブを試してそれでも尻痛が改善されなければゲルザブはメインバイクへ装着しグロムには社外シートなりアンコ盛りを奢ってあげましょう。

スクリーン

GROM(グロム)13年〜 スクリーン レーシング スモーク MRA(エムアールエー)

こちらは旧型グロムのスクリーンになりますが、スクリーンといえばMRAのレーシングスクリーンです。

MOTO-GPカワサキチーム採用。
機能的なスクエアデザイン。
最大スピードの空力特性はWGP等で実証済です。
ノーマルの雰囲気を残したい方にオススメパーツです。

 

いかがでしたでしょうか?
バイク初心者の方やセカンドバイクを探している方にはぜひご検討下さい。

グロムは4速マニュアルミッションを搭載しているため、本格的なワインディングの走行や豊富なカスタマイズパーツで自分なりのカスタムができ、単気筒125ccエンジンのためバイクのエンジンを開けてチューニングするなど遊び方は無限大です。

新車価格は同クラスのバイクに比べるとやや高かったり、現行グロムはまだ販売から年数が経っていないので中古車で探すのは一苦労ですが購入すれば満足すること、間違いなしです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

最新記事

  1. BMWモトラッドから、ネオレトロを代表するヘリテイジモデル「R nineT」に、新たに「レーサー」「…
  2. velar_front
    イギリスのランドローバー社は3月2日イギリスロンドンにて、レンジローバーシリーズの新たなSUV「レン…
  3. nissan-bladeglider-concept
    日産自動車は2016年8月4日、EV(電気自動車)のコンセプトカー「ブレードグライダー」のプロトタイ…
  4. car_glass
    特に冬は窓の曇りが発生しやすく、ドライバーにとって視界が悪くなる「窓の曇り」は天敵となります。また、…
  5. 208
    4月から新生活を始めるにあたってマイカーの購入を検討されている方も多いのではないでしょうか?ただ、予…

ピックアップ記事

  1. アルファロメオ新エンブレム

    2017-2-13

    アルファロメオ 全車種をマイナーチェンジしエンブレムも変更

    アルファロメオを展開するFCAジャパンは2月8日、アルファロメオブランドで発売中の「4C/4Cスパイ…
  2. ヴェルシスX250ツアラーモデル

    2017-2-6

    カワサキの新型ツアラーVersys-X250の価格発表!

    カワサキのアドベンチャーツアラーの人気シリーズであるVersys(ヴェルシス)に250ccモデルが仲…
  3. 現行ハイエース

    2017-2-2

    トヨタ 新型ハイエース 15年ぶりのフルモデルチェンジ!? 2019年発売予定!

    トヨタはハイエースを2019年にフルモデルチェンジを行うと発表しました。フルモデルチェンジにより、H…
  4. concept愛i

    2017-1-31

    TOYOTA 未来のモビリティを具体化したコンセプトカー「TOYOTA Concept-愛i」を初公開

    トヨタは2017年1月5日から8日に行われたコンシューマー・エレクトロニクス・ショーで人工知能を搭載…
  5. 2017-swift

    2016-12-20

    スズキ・スイフト フルモデルチェンジ間近!2017年春には発表か

    スイフトってどんな車? 使い勝手の良いBセグメントのハッチバックとして海外でも人気の高いス…
ページ上部へ戻る