もはや主流?250ccクラスのフルカウルスポーツバイクたち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2008年の排ガス規制以降、400cc以下のバイクの選択肢は大幅に減りました。ZRX400やXJR400Rを始めとした数々のバイクが生産終了し、バイク普及のために必要不可欠なライトクラスのモデル群が一時的にせよ壊滅的状態だったのを覚えています。

そんな08年。カワサキから新型のKLX250、Dトラッカーと共に発表されたNinja250R。エンジン自体はZZR250のものをブラッシュアップして使用しているものの、フルカウルとして販売される250ccは2ストローク車両が絶滅した状態で珍しかったのもあり、かなりの話題を呼びました。当時賛否両論あったものの、今では街で見ない日はない勢いで普及しています。

そんな新たな一時代を築き上げた250ccのスポーツモデルの、現在の様子を見てたいと思います。

カワサキ Ninja250

というわけで早速カワサキです。このクラスの先駆者として、フルモデルチェンジを経てさらなる人気を獲得しています。今までバイクに乗ったことのなかった若者や女性ライダー、はたまたリターンライダーまでを獲得したため、現在は他のバイクメーカーもこのクラスでモデルを出しているものの、ABS搭載やスリッパークラッチ、レース優勝を記念したモデルなどカワサキはかなり豪華なラインナップで牽制しています。見た目の仕上がりも昔のこのクラスのモデルに比べて随分と綺麗に仕上がっていますね。現在は生産自体も海外から国内に移した事もあり、メーカーとしても本気のモデルと言っていいでしょう。

車体は軽く扱いやすく、エントリーモデルながら所有感も高いバイクです。

ヤマハ YZF-R25

ヤマハは現在クラス最高出力を誇るモデルを販売しています。YZFの名に恥じない高回転型となっており、12000回転まで吹け上がるエンジンは街乗りでの低速域ではおとなしく、回せばピーキーになるという他社との差別化を図っています。カーブでの切込み具合も頭一つ飛び出ており、リッターSSクラスの性質をそのままエントリーモデルとして上手く抽出しています。後出しで他社にないキャラクターを打ち出すあたりが実にヤマハらしいですね。最近は女性ライダーもこのモデルでデビューしているようで、「デザインのヤマハ」としてもさすがと言えます。

YZF-R3という排気量が上がったモデルも出ています。車検が必要になるのがネックですが、大型との複数所有をせず一台でなんでもこなしたい場合はこちらの選択肢も出てきます。

ホンダ CBR250R

ホンダは唯一単気筒エンジンを搭載し、ツーリングだけでなく街乗りなどでも扱いやすく、また燃費もいいというのが売りです。現在は登場時のVFRのようなライトから二眼になり、よりCBRらしい見た目になりました。馬力こそ他社より低いものの、単気筒とは思えない滑らかなフィーリングを誇り、レースなどでも引けを取ってはいません。

ホンダらしい安定した作りで、単気筒ならではの下からトルクで走るバイクですね。バイクの基本を学ぶにはうってつけのモデルと言えるでしょう。

ホンダ CBR250RR

ホンダは250Rとは別にこんな隠し玉も持っています。インドネシアで発表されているため、国内に入っているのはおそらく来年春以降になると思われますが、インドネシア国内ではそろそろ販売が開始されるようです。「ニダボ」としては実に16年ぶりの復活となる今回のモデルは随分クールな見た目になり、馬力も38ps以上とクラス最高の数値を出しています。これからの250ccクラスがさらにヒートアップする予感がしますね。国内での価格など正式発表が待ち遠しいです。

スズキ GSX250R

先日中国で正式発表されたばかりのモデルです。人気のGSX-Rシリーズを彷彿とさせるフロント周りで、カラーリングもレース車両を彷彿とさせます。こちらも国内で走っている姿が見られる日が楽しみですね。今月中におそらく国内での発表がありそうなのでまた追記します。

それにしても最近のこのクラスはフレームにもお金がかかっており、ABSという選択肢も標準になりつつありますし、ライト周りにLEDを使用するなど豪華になってきました。単なるエントリーモデルという枠を越え、新しいジャンルとして確率しつつある感じですね。社外品のパーツも豊富な上、ホンダはレース用の車両を別で販売するなど、250ccならではのシンプルさ、単に馬力に頼った走りではなく技術を磨くバイクとしてもオススメといえます。

すでにバイクを所有している方はサブバイクとして、バイクに興味がある方は日常のパートナーとして、これらのバイクで新しい生活をスタートさせてみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

最新記事

  1. BMWモトラッドから、ネオレトロを代表するヘリテイジモデル「R nineT」に、新たに「レーサー」「…
  2. velar_front
    イギリスのランドローバー社は3月2日イギリスロンドンにて、レンジローバーシリーズの新たなSUV「レン…
  3. nissan-bladeglider-concept
    日産自動車は2016年8月4日、EV(電気自動車)のコンセプトカー「ブレードグライダー」のプロトタイ…
  4. car_glass
    特に冬は窓の曇りが発生しやすく、ドライバーにとって視界が悪くなる「窓の曇り」は天敵となります。また、…
  5. 208
    4月から新生活を始めるにあたってマイカーの購入を検討されている方も多いのではないでしょうか?ただ、予…

ピックアップ記事

  1. アルファロメオ新エンブレム

    2017-2-13

    アルファロメオ 全車種をマイナーチェンジしエンブレムも変更

    アルファロメオを展開するFCAジャパンは2月8日、アルファロメオブランドで発売中の「4C/4Cスパイ…
  2. ヴェルシスX250ツアラーモデル

    2017-2-6

    カワサキの新型ツアラーVersys-X250の価格発表!

    カワサキのアドベンチャーツアラーの人気シリーズであるVersys(ヴェルシス)に250ccモデルが仲…
  3. 現行ハイエース

    2017-2-2

    トヨタ 新型ハイエース 15年ぶりのフルモデルチェンジ!? 2019年発売予定!

    トヨタはハイエースを2019年にフルモデルチェンジを行うと発表しました。フルモデルチェンジにより、H…
  4. concept愛i

    2017-1-31

    TOYOTA 未来のモビリティを具体化したコンセプトカー「TOYOTA Concept-愛i」を初公開

    トヨタは2017年1月5日から8日に行われたコンシューマー・エレクトロニクス・ショーで人工知能を搭載…
  5. 2017-swift

    2016-12-20

    スズキ・スイフト フルモデルチェンジ間近!2017年春には発表か

    スイフトってどんな車? 使い勝手の良いBセグメントのハッチバックとして海外でも人気の高いス…
ページ上部へ戻る