MotorHack[モーターハック]

走る楽しさを加速化せるモーターウェブマガジン

ロングツーリングの必需品!バイクの雨用対策グッズ

何泊かのツーリングの途中であれば、移動距離も多いため雨に降られることも予想されます。
雨で何より問題になるのが、身体が冷えてしまう事による体力の消耗です。
バイクに乗っている間は気が張っているため大丈夫なように思えますが、降りた途端にどっと疲れが出る…といったような経験はありませんか?せっかく目的地まで気合で走り抜けても、ツーリング先で楽しめないのではもったいないですよね。
それだけでなく、バイクは思ったよりも体力を使う乗り物なので事故のリスクも高まります。レインウェアを活用すれば安全対策にも繋がります。

ロングツーリングだけでなく、通勤・通学で日常的にバイクを活用されている方も、今一度グッズを点検し直してみてはいかがでしょうか。



カッパ

rain_wear
amazon.co.jp

雨の中走るための基本の装備です。ホームセンターなどでも取り扱っていますが、バイク専用品であれば防風性が増すだけでなく、透湿性能やベンチレーションの有無、また襟元や袖口が絞られるため、高速走行時でも雨が浸透しにくい上快適です。

山道に入った際での急激な温度変化なども体力を奪われる原因になりますが、雨が降っていなくてもカッパを着てしまえば快適度がグンと上がります。そのためにも一着持っていても損はありません。

雨天時は他の車両にもバイクは見えにくくなるため危険ですが、バイク用であれば大抵リフレクターがどこかに付いており、こちらも安全対策に繋がります。

上下セパレートが基本で、服やライディングジャケットの上から着ることになるため、ワンサイズ上のものを選ぶのがおすすめです。

レイングローブ

glove
amazon.co.jp

普段は摩擦に強い安全な革製のグローブを使用していたとしても、革は雨が染みてきてしまうのが問題点です。
指先は冷えやすく、雨に濡れるとすぐに感覚がマヒしてしまうため、雨用のグローブもひとつ用意しておくといいでしょう。
レイングローブであれば袖口からの浸水もしにくいためより安全性が高まります。

ブーツカバー

boots_cover
amazon.co.jp

ライディングシューズや、登山用の防水性の高いシューズを使用されている方であればあまり浸水して困るような場面は少ないかもしれませんが、革製のブーツの場合は案外あっさりとタイヤが巻き上げた水などで浸水してしまいます。

指先の方に溜まった雨水は気持ちが悪いですし、一度浸水してしまうと乾かすのにもかなりの時間がかかります。

何より出先で靴を脱ぐことができない上、季節によっては悪臭を放つ原因となります。ブーツカバーは安価なものが多いのでこの際試してみてはいかがでしょうか。

ツーリングバッグ

touring_bag
amazon.co.jp

車体に取り付けるため、身体の動きが制限されにくいのがメリットです。大抵の商品は雨天時用のレインカバーが付属してきます。
とはいえお気に入りのバッグでツーリングに出かけるのもバイクの楽しさの一つなので、身につけて走るのが苦でない方は、値段は上がりますが登山用の防水機能付きのものがおすすめです。
また、濡れてもいいバッグであれば、財布や携帯が濡れないようなパッキングが大切になります。防水性の高い素材のバッグでもバイクの風圧で浸水する可能性があるため、スタッフバッグなどを活用し大切な道具を守りましょう。

撥水コーティング剤

yamalube
amazon.co.jp

雨天時のツーリングを続けていると段々と撥水性が落ちてくるため、レインウェアを乾かした際に撥水剤を活用しましょう。
次回のツーリングでの快適性が格段に変わります。バッグに使用する際は素材に応じて染みができないか確認して使用してください。視界を保つためにヘルメットのシールド用のコーティング剤なんてものもあります。

せっかくのツーリングですから、雨の日でもグッズを上手く活用して、楽しく安全に走りたいものですね。

(最終更新:2016年11月19日)
Return Top