MotorHack[モーターハック]

走る楽しさを加速化せるモーターウェブマガジン

逆車フルパワーバイクに乗りたい!!でも逆輸入って何が違うの?

フルパワー、なんだか響きのいい言葉ですね。でも、なぜそもそもフルパワーの状態で生産しないのでしょうか。
フルパワーのモデルを選ぼうとすると、国産車なのに逆輸入という回りくどい方式を取っているのも変な話ですよね。そこには様々な日本国内の規制が絡んでいます。



そもそも逆輸入とは?

r1

逆車と略されることが多いですが、逆輸入車のことを指しています。逆輸入とは、日本国内で生産されたバイクを一度海外まで輸出したあと、日本国内に戻すことをいいます。
メーカーのホームページを見てみると、国内正規のモデルだけだと随分と車種が少ないですよね。同じモデルのバイクでも、国内仕様と逆輸入、両方ある場合まであります。
見た目は同じなのに随分とスペックが違う…これはなぜ起こることなのでしょうか。

国内の様々な規制

日本国内では速度規制、馬力規制、騒音規制などが海外に比べ非常に厳しく設定されてきたという歴史があります。
さらに以前は排気量の自主規制をしなければならなかったなど、様々なルールが課されていました。しかしそれはあくまで国内に限ったこと。日本と法律の違う海外では、現地に合わせた仕様のモデルが販売されています。
海外仕様モデルは、国内モデルに比べて馬力や最高速度が高いため、フルパワー仕様と呼ばれたりもします。つまり逆輸入車というのは、海外モデルとして販売しているものを国内の道路交通法に合わせて整備し直したものと言い換えることができます。

逆輸入車のメリット・デメリット

海外モデルがその軸としてある逆輸入車は、スピードリミッターがなく、加速性能も国内モデルとはかなり異なります。その上国内では販売されていない車種も多く、海外のメーカーに負けない刺激的なモデルを選択することができます。

では逆輸入車が必ずしもすべての面で優れているかと聞かれると、その限りではありません。先程上げたように一度海外に輸出しているため、輸送費がかかっています。日本国内ではヘッドライトの常時点灯やウィンカーの位置など法律に合わせて整備し直す必要があります。このように輸送・整備の料金がそのまま車体に掛かってくるため逆輸入車は車体の料金が高額になってしまいがち。さらには海外では様々なパーツが販売されているものの、日本では輸入しないと手に入らなかったり、選択肢がそもそも少なかったりというデメリットも出てきます。

バイクごとの性能も、海外の交通事情に合わせて設計されているため、サーキットならいざしらず、日本の道路に適合しているかと言われると難しいところでしょう。国内モデルはあえて低速時のトルクに合わせて出力を調整している事が多く、海外モデルに比べて「乗りやすい」モデルが多いのは事実です。

とはいえバイクは趣味性の高いもの。たとえ使い切れないほどのパワーがあったとしても、また永久にそのパワーを使い切れるときが来なかったとしても、所持していたいという方が多いため逆輸入は続けられているのでしょう。

逆輸入車のこれから

欧州では今年からEURO4という新たな排ガス規制が始まり、日本の規制値も10月からそれに則った規制に変化しています。メーカーとしてもわざわざコストをかけて様々な国に合わせた仕様を作り出さなければならないのは、本来であればしたくないこと。これにより今まで逆輸入とあえて分けていたラインナップも統合していくかもしれません。しかし、おそらく国内においては速度制限、スピードリミッターがあるため相変わらず海外モデルはまだ販売されることと思われます。

規制強化によりさらにバイクの価格も上昇していくことも懸念されており、これからのバイクのラインナップがどう変化していくのか、動向に目が離せません。

(最終更新:2016年11月19日)
Return Top