MotorHack[モーターハック]

走る楽しさを加速化せるモーターウェブマガジン

冬の間のバイクの正しい冬眠保管方法

ここ最近寒くなってきて来年の春までバイクを長期間乗らずに置いておく方も多いかと思います、寒くてもこまめにエンジンを掛けて少しでも乗ることがバイクにとっては一番いいと言われていますが降雪が多い地方など冬場バイクを動かすことのできない方も多いと思いますので数ヶ月から半年程度の冬の間の正しい保管方法についてご紹介します。



ガソリン管理、タンク内のガソリンは?

fz6
photo by vemore

一番悩みの種なのがガソリンタンク内のガソリンの管理に頭を抱える方も多いのではないでしょうか?ガソリンは完全に空にした方が良い、タンク内のガソリンが腐ってしまいタンクが錆びる、なんて噂もありますがガソリンタンク内は満タンの方がタンク内の空気によって錆びなどの発生を防ぎます。
また現在販売されているガソリンは数ヶ月から半年程度では劣化は少なく春になってもそのままのガソリンで問題なく走行可能です。ですから長期保管の前にはガソリンタンクを満タンにして保管するのが良いでしょう。

キャブレター車の場合キャブ内のガソリンは空に

ここは先述した項目と反対になりますがキャブレター車の場合キャブ内に残っているガソリンを抜く必要があります。これはキャブレター内のガソリンは揮発することがあり、そのままにしておくとキャブレター内に不純物が溜まる可能性があることからです。
ガソリンタンクからつながるガソリンコックをOFFにしキャブレターのドレンボルトを緩めガソリンを抜く方法とコックをOFFにした状態でアイドリングを行いガス欠にする方法でも構いません。インジェクションのバイクの場合はこの項目は必要ありません。

バッテリー端子を外しておくまたはバッテリーを外して保管する

数ヶ月の保管でも一番気をつけなければならないのがバッテリー管理です。
バッテリー端子が繋がっている場合自然放電が進んでしまいますのでバッテリー端子を外しておくことで放電を最小限にとどめることができ、次回エンジンをかける時にバッテリーが上がってしまうことを防ぎます。バッテリー充電器をお持ちの方は充電後保管することによって劣化をさらに遅くすることができますよ。

洗車とチェーンメンテナンスでサビ予防

保管前に愛車の洗車をなるべく行いましょう。雨による汚れや泥などで車体のサビの原因になるため汚れは洗い落としチェーンにはチェーンルブを塗布しておくことでサビの予防になりますよ。
特にマフラー周りやエンジン周りなどのサビに弱い部分は念入りに汚れを落としましょう。

タイヤ空気圧とスタンドとカバー

保管前にタイヤ空気圧のチェックも忘れずに特に高めなどではなくメーカー指定の空気圧で構いません。これが極端に少ないと長期保管によってタイヤが変形してしまったりすることも考えられます。
もしお持ちのバイクにセンタースタンドが装備されているようであればサイドスタンドではなくそちらを使用しましょう。最後に屋外であればバイクカバーを被せて保管してあげましょう。

 

いかがでしたか?今回は冬の間の半年程度の保管方法をご紹介いたしまいたがさらに長期の保管となると多少の手順が変わってくることがあります。ですがバイクのコンディションを維持するためにはなるべくエンジンを掛けて乗り出すことでいつまでもいいコンディションを維持しましょう!

Return Top