MotorHack[モーターハック]

走る楽しさを加速化せるモーターウェブマガジン

ヤマハ新型3輪バイク トリシティ155

ヤマハから新型の3輪バイク、トリシティ155が発売します。トリシティといえば前2輪の斬新な姿で登場し、すでにその扱いやすさで好評を得ているバイク。今回のモデルチェンジでどのように変わったのでしょうか。



排気量拡大で高速道路も走行可能に!!

tricity155

排気量は今までの125ccから155ccに拡大し、その結果、出力も11から15.1PSに。これにより元々3輪による低速時の安定感があるバイクでしたが、高速域までカバーする事ができるようになりました。そして最大のメリットは高速道路が走行できるようになったことでしょう。今までのモデルでは走行できなかった、バイパスなどの自動車専用道路も走行可能になったため、シティコミューターとしての使い勝手も格段に上がりました。

高効率燃焼エンジン「BLUE CORE」

bluecore

今年発売され話題となったNMAXと同様にエンジンは「BLUE CORE」思想で設計されたもの。これは高効率燃焼・高い冷却性・ロス低減を目指して開発したもので、アルミ鍛造ピストンや摩擦ロスを低減するオフセットシリンダー、それだけでなくVVAと呼ばれる可変バルブを搭載しており、高速時での優れた加速と低燃費を同時に実現した画期的なものです。カタログスペック上では車重の割に馬力が低い印象ですが、これにより予想以上の加速性能を手に入れながら、経済的なのが売りでしょう。燃費はなんとカタログ値で43.4km/L。トリシティ125が35.8km/Lなのに対し大幅な向上が見込めます。

LMW・3輪であるメリット

lmw

3輪といっても、トリシティの場合はしっかりバイクとして楽しめるLMW(リーニング・マルチ・ホイール)という機構を備えています。前2輪がリンク機構で繋がっていることにより車輪と車体全体がリーンして旋回できるように設計されているため、通常の2輪と同じようにバンクさせて曲がる楽しみがあります。そのため停車時は自立する訳ではなく足をつけて停める必要があるわけですが、3輪であるメリットはというと、不安定になりがちな低速時での安定性が格段に上がるのがその最たるものでしょう。バイクはフロントタイヤが滑ると立て直すのが困難な乗り物。濡れたマンホールや砂混じりの道など、滑りやすい路面状況でも前2輪のどちらかがグリップしていれば転倒するリスクを減らすことができます。さらに前2輪のグリップによるブレーキングの強化や段差による衝撃の緩和、横風に煽られるような状況でもふらつきが少ないなど、様々なメリットがLMWにはあります。

普段使いするからこその装備

tricity155_parkingbrake

料金所で一時停止する際など駐停車時に役立つパーキングブレーキを装備。オン・オフが視覚的にわかりやすいため誤作動も少ないのが特徴です。

tricity155_12vdc

12VのDCジャック付き小物入れも設置されており、スマートフォンなどの充電もすぐにできそうです。さらにシート下には約23.5リットルの照明付きのトランクがあり、フルフェイスのヘルメットであっても収納できるようになっています。

tricity155_led

ヘッドランプとポジションランプは最近バイクでも流行のLED。ロービーム3灯、ハイビーム2灯の5灯式で存在感がありますね。

 

価格はABS標準装備で税込453,600円。トリシティ125のABS付きモデルが税込399,600円だったため、5万円ほどの値段上昇に抑えられています。燃費や使い勝手なども向上しているため、155という選択も大いに意味のあるものだと言えるでしょう。前々からもう少し排気量の大きいモデルを求められていた事もあり、シティコミューターの新定番になりえるかもしれません。

 

 

 

 

Return Top