MotorHack[モーターハック]

走る楽しさを加速化せるモーターウェブマガジン

ダカールラリー・レプリカ! CRF250 RALLY

先月発表されたもののまだまだ噂が飛び交うCRF250 RALLY。発売日の発表が待ち遠しいですね。



ワークスマシンを意識したフォルム

Honda_CRF250_Rally

ホンダのダカールラリー出場時のワークスマシンであるCRF450 RALLYを彷彿とさせるスタイルとカラーリング。ベースとなるモデルはCRF250Lです。こちらも来年以降マイナーチェンジする予定となっており、エンジンは共通のものを使用しています。以前からコンセプトモデルの市販化が望まれており、市販車のプロトタイプとしてですが、今回の発表に安堵された方もいるのではないでしょうか。

CRF250Lとの比較

CRF250L

CRF250Lの方もマイナーチェンジ。外装が一新され、新たな規格に合わせてABSを標準装備しています。また、タコメーターも設置され、馬力・トルク共に向上しています。

  • 馬力 24.7PS/8500rpm
  • トルク 22.6Nm/6750rpm
  • タンク容量 約7.6L

以前のモデルに比べ1馬力以上パワーアップしていますが、ABS装備による3kgほどの重量増がみられます。

Honda_CRF250_Rally

RALLYの方はというと、基本的なエンジンスペックは同じものの、タンク容量、ホイールベースやキャスター角などが専用の仕様に変化しています。充実した装備の代わりに146kgから157kgへと約10kgの増加がみられますが、タンク容量も7.57Lから10Lへと変化しており、元々燃費の良いエンジンであることも加わり長距離でのツーリングなども役立ちそうです。

CRF250 RALLY装備

Honda_CRF250_Rally_light

特徴的なヘッドライト。ハンドガードが装備され、ウィンカーも別の形状になっています。コンセプトモデルと違い、ヘッドライトに縁取りがされていますが、ウィンカー形状含めどこまでが市販車に反映されるかも気になる点です。

Honda_CRF250_Rally_meter

メーター周りもラリー車を意識した配置となり、スクリーンを支えるフレームの形状的に、ナビやスマートフォンが設置できそうなスペースも確保されています。

Honda_CRF250_Rally_box

オフロードバイクでは犠牲になりがちな小物入れも確保。ホンダらしい配慮です。

Honda_CRF250_Rally

全体のフォルムもまさにラリー車。エンジンガードの形状が渋いです。週末の冒険にもってこいのバイクになりそうですね。

Honda_CRF250_Rally

Return Top